従業員との関わり

当社では、企業発展の源泉は「人財」だと考えており、すべての従業員が健康で、安全に働くことができるよう職場や労働環境の整備・向上に努めています。その結果、一人ひとりの能力が開花し、そしてその能力が変革を推し進めるエンジンとなることで企業の発展と従業員の幸せの実現を目指しています。

Fun to Workプロジェクト

従業員意識調査をもとに、「働きやすさ」の更なる具現化に向け、当社は「働き方改革」「業務改善」「人財育成」の3本を柱とした組織開発活動に取り組んでいます。対象となる役職員一人ひとりが「自己改革宣言」を策定し、自ら変革していくことに加え、プロジェクトを通じて経営と従業員/上司と部下が十分なコミュニケーションを図り、ともに夢や感動の共有を目指す活動です。

Fun to Work=楽しく働く、そして旭タンカーのファン(Fan)になる、との想いを込めており、従業員にとって唯一の企業へと変革していきます。

Casual Bizの導入

快適性はもちろんのこと、従来のビジネススタイルで勤務するという習慣化された行動から変化し、新しいことへの挑戦を促すことを目的として、従業員のドレスコード(服装)の自由化を促進し、「Casual Biz」と命名した服装軽装化を導入しています。自律を尊重しTPOに応じた判断を従業員自らが行いますが、ジーンズやスニーカーでの就業も可能です。これまで以上に質の高い働き方を実現し、企業風土を変革していくことを目指します。

PAGE TOP