安全運航

石油・ケミカル製品の安全・安定輸送のため、安全管理規程を柱に国際規格に準じた安全管理マニュアルを運用するなど独自の安全推進体制を確立、高品質船団の構築を目指しています。
1994年5月には「旭タンカーグループ環境安全憲章」を策定し、安全運航と地球環境保全を第一とした組織・体制にて、石油・ケミカル製品の海上輸送という社会的使命を果たしていきます。

安全管理体制(安全管理部)

安全管理部は事故への迅速な対応だけでなく、管理体制の強化や予防・啓蒙活動を行っています。また、営業部門との日常的な連携に加え、社内には環境安全委員会、各船主との間に船主会、各船社との間には環境安全協議会を設置するなどグループ横断的な関係強化に努めています。2018年度には、船舶安全管理組織改革委員会を発足し、優秀な船員や安全管理者の確保・育成、海技ノウハウの蓄積そして次世代の技術への挑戦など、安全・船舶管理におけるさまざまな課題にも組織的に対応しています。

安全活動

当社は安全管理体制の実効性を高めるため、通常の訪船活動に加え、年2回の特別訪船活動を行うなど、積極的に船主や乗組員と意思疎通を図り、安全活動の徹底・啓蒙に努めています。

特別訪船活動

日本国内での濃霧時期となる5~7月、また輸送の繁忙期を迎える年末年始に重点的な訪船活動を実施し、乗組員への激励と注意喚起を行い、海陸一体となった無事故キャンペーンを展開しています。また訪船活動で得られた情報は速やかに共有され、更なる安全活動に生かしております。

安全を最優先とする人づくり

事故の多くはヒューマンエラーに起因するものであるといわれています。当社は、安全航海の達成には〝人〟の技術向上が最も必要であると考え、安全を担う人づくりとして、船員のみならず、陸上従業員の安全教育にも力を注いでいます。現在は海技大学校と提携し、当社独自カリキュラムによる研修をはじめ、内航船員向けには「ヒューマンエラー対策研修」、外航船配乗の約90%を占めるフィリピン人クルーに対しても、毎年当社オリジナルの研修を実施しており、教育・啓発の内容も適宜見直しを行い、安全を高める取り組みを積み重ねています。

海技教育機構 海技大学校提携 研修

  対象者 内 容
海大研修1 グループ船舶に初めて
乗船する船員全員
環境認識
甲板・機関基礎知識
海大研修2 甲板部 甲板基礎知識
機関部 機関基礎知識
海大研修3 甲板部職員 甲板専門知識・実習
機関部職員 機関専門知識・実習
実技研修 甲板部 BRM訓練
PAGE TOP